コーポレートガバナンス、株式投資、企業価値、IRなどに関する投資家目線での実務ニュース ー 強い意志のある投資を目指して

コーポレートガバナンス、中長期での株式投資、企業分析、企業価値評価、IR等について、新聞記事を中心に投資銀行・東証1部事業会社での実務経験を通じて気づいた観点を踏まえて分かりやすく解説していきます

ブラックロックのラリーフィンクCEOの手紙 ー ステークホルダー資本主義

昨日の日経新聞にも掲載されていましたが、大手運用会社のブラックロックのラリーフィンクCEOの2022年の手紙が次のとおり公表されました。 

ステークホルダー資本主義ということで、人材獲得に向けての従業員との関係構築の重要性を求める点を重視する内容になっています。

最近、ESGの中の「S」では従業員との関係を重視する機関投資家が増えている印象を持ちます。以前に日経新聞の記事で、オープンワークス等の企業の従業員のクチコミサイトを長期投資の1つの材料にしている運用会社もあるということでしたが、やはり企業の成長の上で、キードライバーである従業員の意識がどう変化しているか等は投資家は気になるのでしょう。