中長期的な企業価値向上のためのコーポレートガバナンス・アドバイザー / 長期での中小型株の割安株投資情報

最近のコーポレートガバナンスと資本市場の動向を踏まえ、上場企業実務の視点から中長期での企業価値向上に役立つ情報分析・発信をしていきます。個人投資家のコーポレートガバナンス力の向上による「意思のある投資」に役立つ情報発信もしています。また長期での割安株投資の情報も

投資ファンドが大正製薬ホールディングスのMBOに反対を表明したようですね

大正製薬ホールディングスのMBOに対して投資ファンドが反対を表明したようですね。やはりMBO案件は、最新の注意を払わないとややこしいことになりますね。 投資ファドだけでなく、個人株主もMBOの際に企業に色々と指摘が出来るよう知識をつけること…

【個人株主・投資家のための株主提案のケーススタディー】- 鳥越製粉(コード2009)に対するLIM Japan Event Master Fundの株主提案② ー 前回の続きです

昨日は金融審議会総会を金融庁のユーチューブでオンライン配信で視聴したのですが、音声が悪すぎて何を話をしているかほとんど聞きとれませんでした。後日、再度会議の様子が視聴出来ればと思っています。難しいとは思いますが・・ さて、前回の続きになりま…

【個人株主・投資家のための株主提案のケーススタディー】- 鳥越製粉(コード2009)に対するLIM Japan Event Master Fundの株主提案①

鳥越製粉に対する投資ファンドによる株主提案をケース・スタディーとして、政策保有株式の売却に関して、noteに記事を掲載しました。是非ご覧頂ければと思います。 note.com

第一生命によるベネフィット・ワンへのTOB ー 第一生命がTOBを開始。日本でも同意なきTOBは今後増えますね

新聞報道にもありましたが、第一生命がベネワンのTOBを開始するようですね。同意なき買収の成功事例ですね。noteの記事を更新しましたので、ご関心のある方はご覧頂ければと思います。

PBR向上の鍵 ー 自社株買いだけでは難しいです。中期経営計画の達成の確からしさを資本市場に示すことがポイント

自社株買いが増えていますが、それだけでは株価向上は続かないと思います。ということでnoteに記事を書きましたので、ご覧頂ければと思います。 note.com

個人株主のための株主総会の楽しみ方

株主総会に参加されたことのない個人株主の方も多いと思いますが、株主総会は社長やそのほかの取締役と対話が出来る機会ですので、参加されることをお勧めします。 そこで、個人株主の方の株主総会の楽しみ方についてnoteに記事を書いてみました。 note.com

「鳥越製粉にアクティビスト(物言う株主)が株主提案」との報道 ー スタンダード上場の地方企業もターゲットに

本日、次の新聞報道がありましたが、アクティビストの勢いがすごいですね。 物言う株主、国内で3倍 - 日本経済新聞 20年前に村上ファンドの村上氏が物言う株主として行動をした時には、ひどい言われようでしたが、今思うと村上氏は時代の先駆者ですね。 さ…

投資者の視点を踏まえた「資本コストや株価を意識した経営」 のポイント - 個人投資家の企業との対話の手引書にもなります

先日開催された東証の市場区分の見直しに関するフォローアップ会議で、株価を意識した経営の開示をする際のポイント案が公表されました。 これから開示をする企業は、このポイントを参考にする必要がありますし、また、個人投資家にとっては、投資先企業と対…

プライム上場企業の英文開示がいよいよ義務化ですね

プライム上場企業の英文開示がいよいよ義務化されることになりますね。時期はまだ少し先ですが。個人的には、英文開示をしていないがゆえに割安に評価されている優良企業を探して、中長期で投資するのもありかなと思ったりしています。 noteに英文開示につい…

PBR対策を開示した企業名の公表が1月15日から始まります ー 公表を受けて投資家がすべきことは?

明日はPBR対策企業の企業リストが公表されますね。今後1ヵ月に1回の頻度でアップデートされる予定かと思います。noteに記事を書きましたので、ご関心のある方は是非ご覧頂ければと思います。 note.com

第一生命によるベネフィット・ワンへのTOB ー 第一生命が実施に向けた進捗を公表

昨日の日経新聞に次の記事がありました。OECDが定年制を廃止することを提言したようですね。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA111BM0R10C24A1000000/ 少子化の中、新卒の学生は減っています。結果、優秀な大学出身の新卒学生は総合商社はじめ超…

アオキスーパーがMBOを公表 ー 直近ではPBR1倍割れの銘柄ですが・・・・

今年もMBO増えそうですね。上場しているとコストばかりかかるので、上場の意義が乏しいと考える中小型銘柄は検討していると思います。 先日、アオキスーパーがMBOを公表しましたが、ざっくりと分析をしてみましたので、noteの記事をご覧頂ければと思います。…

議決権行使助言会社のグラスルイスが2024年の議決権行使助言方針を公表

1月に入り上場企業各社は6月の定時株主総会の準備を始める時期ですね。 機関投資家の株主比率の高い企業は、総会での議決権行使が気になるところだと思います。海外の機関投資家の議決権行使に大きな影響を与えるのは、議決権行使助言会社の助言方針です。…

株主資本コストを下げるメリット&下げるにはどうすればよいか?(①) ー 株主資本コストを下げる意味

12月も残すところわずかになってきました。本日は、少し前に買った「関西スーパー 争奪」(日本経済新聞社)を読み始めましたが、なかなか面白いですね。関西スーパーとオーケーのいずれに賛成するか迷う関西スーパーの株主の動きなど、政策保有株主の気持…

指名委員会でやるべき重要なことは ー 機関投資家の関心事項は?

指名委員会の開催頻度について企業間に差異があるようですね。指名委員会で会社法上求められる事項以外のほかに各社、色々と議題として審議しているのが回数の違いに現れますが、その中で重要な事項の1つが社長の後継者計画かと思います。 noteの記事を更新…

上場子会社の解消が進む可能性大ですね - 企業統治に関する情報開示の拡充

上場親会社は今後、開示要請事項が増えますね。来年の株主総会に向けて上場親会社の株主にとっては総会での質問の手持ち材料にもなります。noteに記事を掲載しましたので、ご関心のある方はご覧頂ければと思います。 note.com

第一生命によるベネフィット・ワンへのTOB ー 同意なき買収の際に対象会社が検討することは?

本日の新聞報道にもありましたように第一生命による対抗買収提案は結構驚きです。生保もとうとうここまでの行動をする時代かと思いました。noteに記事を書いてみましたので、ご関心のある方は、ご覧頂ければ幸いです。 note.com

「安定株主神話」など捨てましょう ー 安定株主がいないと困るのか?まず困りません

12月に入り残りも1ヵ月を切りました。先週は等々力渓谷公園にウォーキングしましたが、本日は多摩川のウォーキングコースを午後からひたすら歩く予定です。川沿いを歩くと、野球やサッカーをする多くの子供たちの姿を自然と一緒に眺めることができ、地方…

コスモエネルギーと旧村上ファンド系との攻防③ - ISS社が買収防衛策議案に賛成推奨したようです。この影響は?

コスモエネルギーと旧村上ファンド系との攻防ですが、議決権行使助言会社の賛否推奨結果が公表されましたね。noteに記事をアップしましたので、ご関心のある方はご覧頂ければと思います。

ISSが2024年の議決権行使ポリシー改定案を公表 - 経営トップの賛成率を高めるには?

本日の日経新聞に次の記事がありました。 日本企業は株主軽視か偏重か - 日本経済新聞 少し前に関西経済連合会が「おたくら上場企業なの?」と思われるような提言をしていましたが、その例をあげて、日本企業が果たして株主編重か否かについて解説した記事に…

ISSが2024年の議決権行使ポリシー改定案を公表 - ROE5%未満+外国人株主比率の高い企業は対策を考える必要あります

議決権行使助言会社のISSが2024年の株主総会での議決権行使ポリシー改定案を公表しました。これって、ROEの低迷する企業の経営トップの取締役選任議案に与える影響は大かと思います。 noteに記事を掲載しましたので、ご関心のある方はご覧頂ければ…

コスモエネルギーと旧村上ファンド系との攻防 ー コスモエネルギーが総会検査役の選任を公表

本日は祝日です。平日の木曜日が休みですと金曜日の仕事に対するやる気が倍増する気がします。本日は等々力渓谷まで足を運ぶ予定です。 コスモエネルギーと旧村上ファンド系の攻防ですが、12月の臨時株主総会での買収防衛策の決議に向けて色々と動きが出て…

経営者計画(サクセッションプラン)は機関投資家の関心高いです

サクセションプランはご存じでしょうか? 最近、機関投資家と対話をすると関心が高いなと感じます。これまでは次期社長の決定は社長の権限でしたが、今の時代、そんなことを言っていたらコーポレートガバナンス上問題ありと言われますね。とは言え、全く社長…

公開買付制度・大量保有報告制度等ワーキング・グループ(第5回会議)- 上場企業は大量保有報告制度の動向は要注視ですね

3月期決算の企業各社の2Q決算も終わり、決算説明会資料、決算説明会のQ&A、決算説明会の動画を明日あたりからじっくり見る予定です。ところで、決算説明会には個人株主にも参加させて欲しいところです。セルサイドアナリストなど株も持っていないのに参加…

MBO(マネジメント・バイ・アウト)のポイントは? ー 個人投資家が見るべき事項

昨日から東京都内は一気に寒くなりましたね。早いもので、週明けから11月中旬に入り、今年も残すところあと1ヵ月半程度です。今年はコロナも明け、忘年会もそれなりに入りそうな勢いですが、社内の飲み会は必要最低限に抑え(立場上、結構金もかかるので…

企業価値向上を投資先企業に促すためのコーポレートガバナンス・コードの使い方(第2回) ー 政策保有株式の問題を指摘しましょう

本日も天気の良い一日だったので、午後に2時間程度のウォーキングをしました。多摩川沿いのジョギングコースを歩いたのですが、この時期は気候も良く、歩くと頭の中がすっきりします。けど、何故か結構なスピードでひたすら歩いてしまったので、少し疲れて…

来年の株主総会での留意事項 ー ROE5%未満が続く企業の経営トップには海外投資家からの反対がかなり増えるかもしれません

先日、ISSがグローバル調査結果を公表しました。来年の株主総会に向けて、これまで停止してきたROE基準の復活がどうなるのか気になる企業は多いかと思います。 上場企業の経営トップやIR担当の経営層の方は気になるところかと思いますが、noteに記事…

東証が来年1月から株価を意識した経営の未対応企業の社名を公表します ー 未対応企業はひとまず何かを公表しておきましょう

東証が株価を意識した経営について開示していない企業の公表を始めることを企業各社に通知をしました。企業はどう対応をすればよいでしょうか? noteに記事を書いてみました。

コスモエネルギーと旧村上ファンドの攻防ー 臨時株主総会で買収防衛策発動を諮るようですね

コスモエネルギーホールディングスと旧村上ファンドの攻防が激しくなってきましたね。コスモエネルギーが買収防衛策の発動について株主総会を開催して、株主の意思を問うようです。 プレスリリースや報道を見る限り、MOMによる決議ではなく、普通決議のよ…

企業の株価を上げるには投資家(機関・個人ともに)は英文開示の充実を企業に促しましょう

10月も下旬になり、だんだん寒くなってきました。昨日は、自宅から比較的近い場所にある多摩川の花火大会がありました。秋に花火大会を開催する地域も増えてきているのかも知れませんが、結構な人が来ていたようです(私は花火の開始前の時間帯に多摩川を…