コーポレートガバナンス、株式投資、企業価値、IRなどに関する投資家目線での実務ニュース ー 強い意志のある投資を目指して

コーポレートガバナンス、中長期での株式投資、企業分析、企業価値評価、IR等について、新聞記事を中心に投資銀行・東証1部事業会社での実務経験を通じて気づいた観点を踏まえて分かりやすく解説していきます

人材版伊藤レポート2.0(案)が公表

本日は1週間に1回の在宅での仕事の日です。色々と資料をプリントアウトして自宅に持ち帰りました。IR部門と一緒に統合報告書の骨格作りをしているので、本日は、社外取締役インタビュー(最近、これを記載する企業が多いです)などの骨子を考える作業に重点を置く予定です。「物言う株主の視点でのコーポレートガバナンス・コードの読み方」も次回あたりからブログで記事を連載して行きます。

さて、本日は簡単に情報紹介いたします。

経済産業省で「人的資本経営の実現の向けた検討会」が開催されていますが、3月18日開催の第9回会議で「人的資本経営の実現に向けた検討会報告書」(案)が次のとおり公表されました。

https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/jinteki_shihon/pdf/009_02_00.pdf

「人材版伊藤レポート2.0」ということです。例の伊藤教授が座長の検討会ですのでこの名称になったのでしょう。71ページありますが、文字が大きく、何故か行間もかなり広いので、実際のところ文章量は40ページ程度といったところでしょうか。

まだ内容が読めていないのですが、中長期投資の機関投資家は最近人的資本に対して関心が高いところですので、それに関する内容も記載されているのだと思います。目次を読むと、「社員エンゲージメントを高めるための取組み」という内容もあり、社員の意識向上を図ることについても触れられています。