コーポレートガバナンス、株式投資、企業価値、IRなどに関する投資家目線での実務ニュース ー 強い意志のある投資を目指して

コーポレートガバナンス、中長期での株式投資、企業分析、企業価値評価、IR等について、新聞記事を中心に投資銀行・東証1部事業会社での実務経験を通じて気づいた観点を踏まえて分かりやすく解説していきます

オーケーが関西スーパーに対する今後の方針を公表

関西スーパーマーケットの臨時株主総会で承認された経営統合案をめぐり、議決権の賛否集計に問題があったとして、オーケーは手続きの差し止めを申し立てているところですが、11月17日にオーケーは今後の方針を次のとおり公表しました。

株式交換の差止めの仮処分の申立ての結果判明後の弊社方針について

内容としては、「最終的に本件申立てが認められ、本株式交換が中止された場合、実質的に本経営統合が撤回された場合と同等の状況となりますので、関西スーパー様に対して再度、上場来最高値である一株当たり2 ,250 円による非公開化(完全子会社化)を目的とした公開買付けのご提案を行う方針」とあります。

一方で、差し止めが認められなかった場合には、保有する関西スーパーの8%の株を売却するようですね。アクティビストであれば、数パーセントの株式を保有して、取締役候補者の提案、増配・自社株買いなどの色々な株主提案をするのですが、オーケーは経営統合が狙いですので、経営統合が出来ない以上は、株式を保有する意義がないので売却するということですね。