コーポレートガバナンス、株式投資、企業価値、IRなどに関する投資家目線での実務ニュース ー 強い意志のある投資を目指して

コーポレートガバナンス、中長期での株式投資、企業分析、企業価値評価、IR等について、新聞記事を中心に投資銀行・東証1部事業会社での実務経験を通じて気づいた観点を踏まえて分かりやすく解説していきます

コーポレートガバナンス・コードの改訂 - 金融庁のフォローアップ会議が本日開催

本日よりコーポレートガバナンス・コード改訂を議論する金融庁スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議が開催されることになりました。

本日の資料は、金融庁のホームページで公表されていますが、その中に事務局資料があり、事務局資料に「フォローアップ会議で議論頂きたい事項」として、これまでのフォローアップ会議等でのコーポレートガバナンスの課題として、以下の5つの事項があげられています。

  • 資本コストを意識した経営(現預金保有、政策保有株式の在り方等)
  • 取締役会の機能発揮(社外取締役の質・量の向上、ダイバーシティ等)
  • 中長期的な持続可能性(サステナビリティ、管理職等におけるダイバーシティ等)
  • 監査の信頼性の確保(内部監査部門から経営者及び取締役会等に直接報告を行う体制の構築等)
  • グループガバナンスのあり方(グループ全体としての経営の在り方、上場子会社の一般株主保護等)

いずれも最近のコーポレートガバナス改革の中で言われていたことで大きく驚く内容ではないかと思いますが、これらの事項を中心に今後、会議でコーポレートガバナンス・コードにどう規定していくかが議論されます。

政策保有株式の縮減は一定程度進んでいますが、今後、更なる縮減を求めていくのか、それとも機関投資家と同じように政策保有株式の株主総会の議決権行使の賛否結果を開示することまで要求されるのか関心のあるところです。会議の議事録は、後日、金融庁ホームページで都度公表されるので、関心のある方はフォローアップ会議の議事録を読むこととお薦めします。

このブログでも都度取り上げ、このブログを読めばポイントは分かるという程度に要点を纏めて行きたいと思います。