コーポレートガバナンス、株式投資、企業価値、IRなどに関する投資家目線での実務ニュース ー 強い意志のある投資を目指して

コーポレートガバナンス、中長期での株式投資、企業分析、企業価値評価、IR等について、新聞記事を中心に投資銀行・東証1部事業会社での実務経験を通じて気づいた観点を踏まえて分かりやすく解説していきます

TOBとなると島忠(8184)の株価は更なる上昇が期待できますー海外のアクティビストが島忠株を保有しています

9月18日に四季報の秋号が出ました。私の場合は四季報オンラインを利用しているので、本日は保有銘柄のアップデート作業をしています。

さて、本日の日経新聞にホームセンターのDCMホールディングス(3050)が島忠(8184)に対するTOBを検討している旨の記事がありました。

両社が正式に公表したものではないので、この手の記事に対してはお決まりの「正式に決まったものではない」というコメントが出ていますが、数日後に正式に公表されるのが常ですので、TOBは確実に実施されるのでしょう。

このTOBは島忠の取締役会の同意を得た友好的なTOBであるのか、それともコロワイド大戸屋に対するTOBのような敵対的TOBであるのか不明ですが、新聞記事の書きぶりからすると友好的な印象を受けます。

TOBとなると現在の島忠の株価にプレミアムが乗ることになりますが、島忠の昨日9月18日の終値は2,878円でした。島忠の直近の有報では、外国人株主が37.3%保有しており、金融機関29.2%、個人23.2%などとなっています。ご存じの方も多いと思いますが、島忠にはアクティビストが投資しており、香港のオアシスマネジメントが6%近くを保有しています。

となると、今後のTOB価格はそれなりのプレミアムが乗ると思います。仮にプレミアムが低くても、アクティビストがTOBに応じず揉めて、TOBの後にTOB価格アップをDCMは打ち出すようなことも考えられます。DCMにとってはそれなりの資金の準備が必要になりますが、島忠の株主にとっては、保有株式が高値で売却できる絶好の機会です。

NHKでも本件は報道されたようですが、報道時間は昨日の16時過ぎで、株式市場が閉まった後ですので、昨日の島忠の株価には.変動はありませんでしたが、先ほど島忠のPTS株価を見たところ3,378円(前日比+500円)と大きく上昇しています。

週明け月曜日には島忠の株価は大きく上昇します。島忠の個人株主の方は、500円も株価が上昇すれば売却したい衝動に駆られると思いますが、TOBの際のプレミアムが仮に40%とすると、昨日の終値をベースにすると4,000円になります。TOBでは過去数ヵ月平均の株価をベースに算定されるのが常ですので、ベース株価は昨日の終値というわけではないですが、いずれにせよ3,378円以上の価格でのTOBがある可能性が高いと言えます。

島忠の個人株主の方は、ここは売りたい衝動を抑え、もう少し保有継続というスタンスが良いのだと思います。本件、株価の行方も含め、ウォッチしていきたいと思います。